船橋ベビーマッサージ教室 おさんぽ

船橋市場・本町ベビーマッサージ教室 おさんぽです。 船橋大神宮近くの「撮影付きスタジオ教室」と船橋地方卸売市場近くの「市場教室」、千葉市青葉の森キッチンスタジオの「青葉の森教室」があります。

おくるみタッチケアのモニターはあと3組です。

久しぶりのベビーマッサージ ケーススタディです

こんにちは、ベビーマッサージ講座受講中YUKIです。

なんだかんだとベビマ以外のことが進んでいましたが、昨日ベビーマッサージケーススタディをしました。

本来は3回3組のケーススタディを行えばいいのですが、実技試験まで間があることなどを考えて1ケース(3回)だけ募集しました。

ポスターとHPのみの募集でしたが、あっというまに定員となりました。

やはりベビマって人気なんですね。ママと赤ちゃんの癒しの時間の提供、頑張ります!

 

今回は2か月~6ヶ月までの3組のママと赤ちゃんです。

お人形は私の相棒「こうちゃん」です(^_-)-☆

f:id:baby-massage-osanpo:20150515160452j:plain

Rくん、最近は指しゃぶりをたくさんします。それに伴ってよだれも出るように。

スタイが欠かせなくなってきましたね。

f:id:baby-massage-osanpo:20150515160453j:plain

Wちゃん。今回一番のおねえさん。そして3姉妹の末っ子。

下のお姉ちゃんが、危なげながらもお世話に一生懸命なんだとか(#^^#)かわいいですね。

f:id:baby-massage-osanpo:20150515160445j:plain

そして最年少、もうすぐ3ヶ月のAくん。

ずいぶんとお首がしっかりしてきました。

最終日くらいにはお首がすわってから行うマッサージにも挑戦できるかもしれません。

f:id:baby-massage-osanpo:20150515160446j:plain

 

最年少で初めての場所なのにこのしっかりとしたカメラ目線!

「マッサージ始めるよ~」マッサージはママと赤ちゃんの信頼関係を大切にします。

赤ちゃんの意志を確認してから始めるのです。

f:id:baby-massage-osanpo:20150515160442j:plain

 

すごいグッドタイミングでR君が「あう~!」とお返事!

「今、お返事したよね!」と、みんなでほっこりとしました。

f:id:baby-massage-osanpo:20150515160447j:plain

6ヶ月のWちゃんは人見知りもはじまって、周りの様子にも敏感です。

ママから離れると泣いちゃいます。はだかんぼうになってマッサージできるかな~?って心配でした。

時々泣きそうになったけど頑張りました。

ママのお歌、手のぬくもり・・・。ママがにこにこして触ってくれるだけで赤ちゃんは安心するんですね。

f:id:baby-massage-osanpo:20150515160443j:plain

f:id:baby-massage-osanpo:20150515160444j:plain

 

あんよのマッサージの途中でRくんねんねです。

横向きになって指をお口に入れて、ママのマッサージをうっとりと受けていたRくん。

だんだんとおめめが重た~くなって「ねちゃいました」とママ。

気持ちよかったんだね(#^^#)

いらしたときからRくんは、ベビマのお部屋を気にいてくれていたみたいです。

えへへ~、うれしいな。

f:id:baby-massage-osanpo:20150515160451j:plain

ママには赤ちゃん人形で続けてもらいます。

そうこうしているうちに、月齢の低い赤ちゃんたちはグズ~となって、みんなでおっぱいタイム。そしてAくんもねんね。

今回は無理しないで右足のマッサージで終了しました。

次回は両足の復習と、お腹とお胸のマッサージもしましょうね。

それから来週は、赤ちゃんとママのプチ撮影会を行います。

ちょっとだけおしゃれをしていらしてくださいね。

f:id:baby-massage-osanpo:20150515160454j:plain

私事ですが、6月にベビマの実技試験を控えています。

試験の申込も終了したので、あとはケーススタディをまとめたレポートを仕上げて、セリフ帳を頭に叩き込んで・・・最後の追い込みです。

ケーススタディをするたびに、お教室開催への希望が膨らみます。

たくさんのママと赤ちゃんに来ていただいて、スキンシップの一つの手段としてベビマを覚えてもらって。

ベビーだけでなく、キッズマッサージと名を変えてお子さまが大きくなっても少しでもスキンシップをして笑顔の育児をしていただきたいと思います。

私も同じく2児のママとして、怒ってばかりのママじゃなくて、たまには笑顔のママになれるように、子どもたちの記憶に笑顔のママを残してもらえるように。

 

YUKI